自然に隠したい!毛穴・クマ

Today's theme is...

自然に隠したい!毛穴・クマ

疲れているように見える、老けたような気がする…。
元気だしきちんとメイクしているはずなのに、なんとなく印象が下がって見える原因はお肌かもしれません。

毛穴やクマが目立つお肌は、それだけで全体の印象ダウンに繋がります。
いつものメイクにテクニックを少しだけプラスして、しっかりカバーしながら自然な美肌を作りましょう

意外と目立つ!ぽつぽつ毛穴

開いた毛穴や黒ずんだ毛穴は、肌の凹凸が目立ったり全体がくすんで見えてしまいます。
気になる毛穴をメイクで隠すには、目立たないようにカバーするか光で飛ばしましょう

1.リキッドファンデーションの毛穴落ち

メイクの一番最初に、凹凸を埋めるタイプの部分用下地を使いましょう。指を時計回りにくるくる動かして馴染ませたら、今度は反時計回りにくるくる動かしてもう一度馴染ませ、しっかりと凹凸を無くします。
その後全体用の下地を塗り、リキッドファンデーションは指や厚みのあるスポンジを使い軽いタッチで叩きのばします。

2.フェイスパウダーの毛穴落ち

リキッドファンデーションは毛穴落ちしないのにフェイスパウダーが毛穴落ちしてしまう時は、フェイスパウダーののせ方に注目。パフは滑らせず、押さえるようにしてフェイスパウダーをのせていきます
ブラシを使う場合は、柔らかい毛のブラシを使って置くようにのせましょう。

3.パウダーファンデーションの毛穴落ち

リキッドファンデーションの時と同様に、凹凸を埋める下地をしっかりと馴染ませて下準備を。
ファンデーションはスポンジやブラシで、トントンと置くように薄く馴染ませます。

4.毛穴の黒ずみ

黒ずんだ毛穴を厚くカバーして無理に隠そうとすると、逆に目立ったり不自然な仕上がりになってしまいます。
細かいパール入りの下地を使い、光の反射で目立たなくするのが正解。フェイスパウダーも微粒子パール入りを使い、明るく見せることで目立たなくしましょう。


毛穴対策にはスティックファンデーションが優秀です。毛穴の気になる部分に様々な方向からファンデーションをのばし、スポンジでポンポンと叩いて馴染ませればOK。

薄くても存在感シミ

気になるシミはコンシーラーでカバー。
コンシーラーブラシの片面にしっかり取り、シミのサイズよりも一回り大きめにのせます。ブラシの反対側、何もついていない面でコンシーラーの周りをその他の部分と馴染ませたら、フェイスパウダーで押さえます。
シミを隠した部分の上にチークなどのせる場合は、その部分をこすらないように気をつけて。

老け見えに注意!目の下のクマ

目の下のクマにファンデーションやコンシーラーを厚く塗って無理に隠そうとすると、乾燥やヨレで悪目立ちしてしまいます。クマの反対色を上手く使って目立たなくしましょう
寝不足のお疲れ顔に見えてしまう青クマには、オレンジ〜ピンクの色味のコンシーラーがピッタリ。
どんよりとくすんだ印象を与えてしまう茶クマには、イエローの色味のコンシーラーを使います。
シミ・クマは明るさやツヤを与えるだけでも意外と目立たなくなります
また、チークやリップで血色の良さをバランス良く足して全体の印象をヘルシーに仕上げるとそちらに目線がいきやすくなり、クマやシミもあまり気にならなくなります。

気になる部分に無理に手を加えると、その部分が不自然に見えて却って目立つ仕上がりになりがち。
顔全体のバランスを見て、自然な印象の仕上がりを意識してみましょう