24hcosme tvandmovie

    24 ミネラルスティックファンデ

    天然ミネラルに天然保湿成分をプラスして開発された、お肌に優しく機能性に優れたスティックタイプのファンデーション。
    コンシーラー一体型ファンデで、時短にも。
    高いカバー力と保湿力でお肌を守ります。
    高カバー&高保湿なのに、自然な仕上がり。
    絶妙な肌馴染みで部分使いにもピッタリです。

    使い方は簡単!
    顔に直接塗り、手のひらを使って馴染ませるだけ。
    (目安:5cmほどの線をおでこに1本、頬に3本程度)
    手に残ったファンデーションで、口元・目元・小鼻の周りを指先を使って薄く伸ばすとナチュラルに仕上がります。
    ニキビ跡やシミなどで気になる所は、ポンポン重ねる様に少しずつ足せばOKです。

    SPF50+/PA++++
    容量:7g
    カラー数:3
    ¥ 1,980 税込
    獲得ポイント 18

    残りわずかです。

    ただいま在庫がございません。

    POINT01

    しっかりカバーするのに、軽い。

    気になる部分に重ね塗りすることで、コンシーラの機能も果たす高いカバー力のスティックファンデ。
    天然由来成分で開発されているので、高いカバー力ながら軽くて圧迫感のない快適な使用感が特長。
    長時間メイクにもお肌に優しいのが嬉しい。

    texture
    before-after_foundation

    POINT02

    お肌に優しい成分で、SPF50+/PA++++を実現。

    アウトドアーにもOKなSPF50+/PA++++を天然由来成分だけで実現。
    天然ミネラルの働きで、紫外線からお肌をしっかり守ります。
    紫外線吸収剤不使用なのでナチュラル成分にこだわる方でもお使い頂けます。

    SPF50PA++++

    POINT03

    こだわりの成分で、“ファンデしながらスキンケア”。

    “ファンデしながらスキンケア”をコンセプトに、こだわりの天然保湿成分がファンデ中のお肌をスキンケア。
    初めてメイクをするファーストメイク、敏感肌の方や、お子さんに頬ずりをするお母さんなど、、、
    成分にこだわる方にこそお使い頂きたいファンデーションです。

    Ingredients

    ー こだわりの成分 ー

    梅果実エキス

    梅果実エキス

    お肌の保湿

    お肌の保護

    農薬、化学肥料を不使用で育てたこだわりの梅を、サトウキビ由来のBGで抽出した梅果実エキス。
    敏感肌、乾燥肌、脂性肌などバランスを崩したお肌にも働きかけて、お肌を清潔に保つとともにしっかり保護します。

    ビワ葉エキス、ヨモギ葉エキス、クマザサ葉エキス

    ビワ葉エキス、ヨモギ葉エキス、クマザサ葉エキス

    お肌を清潔に保つ

    お肌の保湿

    化学肥料、農薬を使用せず栽培された、ビワ葉、ヨモギ、クマザサを発酵エタノールで抽出した植物エキス。
    お肌に優しい保湿&保護成分なのでスキンケア&メイクアップなど幅広いアイテムと相性がよい成分です。

    ビデンスピローサ

    ビデンスピローサ

    お肌のハリ

    化学肥料や農薬を使わずに育てられたビデンスピローサ。化粧品に配合されるのは珍しい植物ですが、キク科の植物で非常に強い生命力を持ち、※昔から民間療法として内服されてきた植物です。高い保湿力と引き締める力で、お肌のキメを整えハリを与えるのでエイジングケアも期待できます。
    ※植物の持つ効能です。

    ツバキオイル

    ツバキオイル

    お肌の保護

    日焼けによるシミそばかすを防ぐ

    農薬、化学肥料不使用・圧搾法で手間暇かけて抽出された希少で貴重な純ツバキオイル。
    お肌にうるおいを与え滑らかに保つのはもちろんのこと、保護作用にも優れているので刺激からお肌を守ります。さらに、日焼けによるシミそばかすを防いでくれます。

    その他、保湿&保護成分として、オーガニック認証済みアルガンオイル&オリーブオイルなど
    こだわりの原材料を配合しています。

    POINT04

    クレンジング不要。石鹸でオフ。

    天然由来成分で開発されているので、
    洗浄成分に石鹸が使用されている「24 ナチュラルクレンジング&ソープ」はもちろんですが、
    市販の固形石鹸や洗顔ソープでオフすることが可能です。

    クレジングオフ

    How to CHOOSE

    自分の肌色に合わせるには、顎と首の境目(エラ)で色合わせしましょう。
    首の色は、年間を通して一緒ではありません。
    暑い季節は日焼け止め塗っていても日焼けしやすく、寒い季節は元の肌色が戻ってきます。
    今の自分の首の色に合わせた方が、よりナチュラルに仕上がります。
    WEBでは、画像と顔を鏡で照らし合わせてみてください。
    店頭では、顎と首の境目(エラ)にスティックファンデーション3色を線で塗ってみると分かりやすいです。


    寒い季節は、ワントーン明るい色を使うのもオススメです。
    顔の中心部分だけにファンデーションを塗り、フェイスラインを塗らないことで、顔色が浮くことなく、ナチュラルな明るい肌色に見せる事が出来ます。
    また、自分の肌色を最大限生かしながら、自然と顔の立体感が出て、 目の錯覚を利用して小顔効果も期待できます。
    フェイスラインは、指・スポンジ・ブラシに残っているファンデーションを馴染ませるだけに控えておきましょう。

    24 ミネラルスティックファンデの色選び

    24 ミネラルスティックファンデの色選び

    How to USE

    • ① スティックファンデで、5cmほどの線をおでこに1本、頬に3本程度のばし、手のひらを使って、お顔の中心から外に向かってゆっくりゆっくり伸ばします。
    • ② 手に残ったファンデーションで、口元・目元・小鼻の周りを指先を使って薄く伸ばすとナチュラルに仕上がります。
    ニキビ跡やシミなどで気になる所は、ポンポン重ねる様に少しずつ足します。

    教えて!24h cosme

    顔だけ色が浮いているように感じます...
    どうやって色選びをすればよいですか?
    自分の肌色に合わせるには、顎と首の境目(エラ)で色合わせしましょう。
    首の色は、季節を通じて日焼けの具合で色が変わりやすいので、
    今の自分の首の色に合わせた方が、よりナチュラルに仕上がります。
    顔全体にのせたら、厚塗り感が出てしまいました…
    肌にのせる量はどれくらいですか?
    5cmほどの線を、おでこに1本、頬に3本引きます。
    その線を手のひらを使って、お顔の中心から外に向かってゆっくりゆっくり伸ばします。
    (リキッドやBBクリームの様な伸び方とは全く違うので初めは驚くと思います)

    次に、手に残ったファンデーションで、口元・目元・小鼻の周りを指先を使って薄く薄く伸ばします。
    最後に全体を見て、ニキビ跡などのもう少しカバー力が欲しいなと思う所をチェックしましょう。
    気になる所には1cmほど線を引いて、指先で伸ばさずに、ポンポン重ねる様に少しずつ足していきます。
    必ずしもファンデーションを均一に塗る必要はありません。
    今日の肌状態を見て、薄く塗る所としっかり塗る所で強弱を付ける事がとても大事です。
    気温の低い日はファンデを伸ばすのが難しく、まだらになります…
    コツはありますか?
    寒い季節は、ナチュラルな成分だけで作られている為、ひと手間必要な時もあります。
    気温が低くなればなるほど、スティックファンデーションは伸びが遅くなります。
    そんな時は、お顔に直接塗るよりも、手のひらにスティックファンデーションをクルクル円を描く様に塗り、温めてからお顔にのせると伸びが良くなります。
    例えるとチョコレートと同じです。
    冷やして食べるとお口の中でなかなか溶けませんが、手で持つと体温で柔らかくなるのと同じです。
    もう一つは、スティックファンデーションを塗る前のスキンケアで伸びが変わってきます。
    下地やバームをしっかり塗って保湿していると、寒い季節でもスルスル滑るように伸ばせます。
    また、寒い季節はお顔もひんやり冷たくなってる場合が多いです。
    血色良く、化粧のりも良くする為にも、保湿が終わった時に手のひらでお顔を5秒温めるのも効果的です。
    色々なメイク道具もオシャレで素敵ですが、ご自分の手のひらと指先・手の体温は、何物にも代えがたい優秀なメイク道具です。
    お肌に罪悪感なく安心して1日中付けられるロングセラーのスティックファンデーションを、是非ご自分のお肌でお試し下さい。
    スティックファンデをヘビロテしています!
    パパッとベースメイクができるのと、保湿感があるところが気に入っているのですが、もっと使いこなせるようになりたいです。
    スティックファンデならではのメイクのコツがあれば教えてください。
    寒い季節は、ワントーン明るい色を使うのもオススメです。
    お顔の中心部分だけにファンデーションを塗り、フェイスラインを塗らないことで、顔色が浮くことなく、ナチュラルな明るい肌色に見せる事が出来ます。
    また、自分の肌色を最大限生かしながら、自然とお顔の立体感が出ますし、 目の錯覚を利用して小顔効果も期待できます。
    肌なじみのよいスティックファンデだからこその技です。
    フェイスラインもカバーしたい時は、お顔の生え際は量を少なめとして、指・スポンジ・ブラシに残っているファンデーションを馴染ませるだけに控えておきましょう。

    全成分

    メドウフォーム油、酸化チタン、ホホバ種子油、キャンデリラロウ、ヒマシ油、カルナウバロウ、ミツロウ、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ツバキ種子油、ウメ果実エキス、ビワ葉エキス、ヨモギ葉エキス、クマザサ葉エキス、コシロノセンダングサエキス、トコフェロール、水、水酸化Al、エタノール、BG、(+/ー)マイカ、酸化鉄