スティックファンデ使いこなしテクニック

What’s a foundation?

何が違うと名前が変わるの?
そもそもファンデーションとは?

ファンデーションは、お肌を色ムラのない均一な美肌に見せ、質感の違いでさまざまなタイプの肌を演出する化粧品です。
ファンデーションは基本的に“水分”と“油分”、そして色をつけるための顔料などの“粉体”からできています。名前が違うのは、その配合バランスが違うから。バランスを変えることでテクスチャーが変わり、扱い方や仕上がりの質感などにバリエーションが生まれます。
また、近頃は様々な美容成分も含まれていたり、美しさの長時間キープや肌負担の軽減などにも配慮したファンデーションが多く販売されています。

パウダーファンデーション

“粉体”をプレスして固めたタイプのファンデーション。固めずにルースファンデーションと呼ばれるタイプもあります。以前は乾燥した肌には向かないとされていましたが、粉体の加工技術の進歩により乾燥に強いパウダーファンデーションも登場しています。
ベースメイクは手軽に完成させたい方や、セミマット〜マットでさらっと軽めに仕上げたい方にオススメです。

リキッドファンデーション

“水分”と“油分”、“粉体”が混ざったタイプのファンデーション。瑞々しく伸ばしやすいバランスの配合で、乾燥した肌にも乗りやすいファンデーションです。メーカーごとにカバー力や保湿力に幅があり、様々な肌タイプに向けた製品が販売されています。
スポンジやブラシなどの道具を使わなくてもキレイに仕上がる、扱いやすいアイテムです。

クッションファンデーション

“水分”と“油分”、“粉体”が混ざった液をスポンジにしみこませたファンデーション。さらっと瑞々しい液はスポンジで簡単に伸ばせるので、初心者にも扱いやすいのがこのタイプです。リキッドファンデーションと同じく、様々な肌タイプに向けた製品があります。
専用のパフを使うと広い面に短時間でのせることができ、手も汚れにくいことから、時短派にも選ばれているアイテムです。

クリームファンデーション

“水分”と“油分”、“粉体”が混ざったタイプで、リキッドファンデーションより保湿力が高めに作られているファンデーションです。
なめらかにのびて長時間乾燥を感じにくい製品が多いので、乾燥肌や年齢肌が気になる方にもオススメです。

エマルジョンファンデーション

“水分”と“油分”と“粉体”を混ぜ、コンパクトに流し込んで固めたファンデーションです。
程よい固さで、スポンジやブラシにとって伸ばす際に仕上がりの濃さが調整しやすいのが特徴。しっかりとカバー力がありながら保湿力も高く、シミ・ソバカス・ニキビ跡の気になる肌にも適しています

スティックファンデーション

“水分”と“油分”と“粉体”を混ぜ、スティック状に固めたタイプのファンデーション。スティックから直接顔に伸ばすので、仕上がりの濃さが細かく調節できます。伸ばした部分をぼかして仕上げる、顔全体へも短時間でのせることができるファンデーションです。
ぴたっと密着してしっかりとカバー力を出せることから、シミ・ソバカス・ニキビ跡の気になる肌には頼もしいファンデーションです。

ファンデーションとひとくちに言っても、こんなにバリエーションがあるのです。
違いを分かったうえで好みや肌タイプに照らし合わせて考えてみると、自分にピッタリのファンデーションに出会えるかも。
今まであまり使ったことのないものがあるなら、これを機会に試してみるのもいいですね。